旬どき・うまいもの自慢会・秋田

  《第8回 秋の集い》

Dscn0107 9月 22日 にかほ市の串銀さんで開催されました。

今回は、のどぐろが主役です。

のどぐろとは、別名赤むつと呼びその名のとおり外観は赤くとても美しくのどぐろという名が似つかわしくないようですが、口腔が黒いことから「のどぐろ」と呼ばれております。

島根から新潟までの日本海で多く獲れるということで有名ですが、秋田県のにかほ漁港でも獲れます。

Dscn0139 地元では古くからおいしい魚として知られており、キンキと引き合いにされ、どっちが好きかと言われるくらいの高級魚でもあり旨い魚です。

白身魚なのですが、脂がのっていて、ほどよくしっとりした食感があり、『おいしいぃ~~』を連発しながらの完食でした。付け合せのミョウガの酢漬けが食後をさっぱりとさせてくれ『ぐぅ~~good』でした。

主役からの説明になってしまいましたが、会の進行順にお料理とお酒の相性も兼ねて披露させていただきます。

Dscn0124 社長ご挨拶です。

『旬どきうまいもの自慢会というのは、3年前に 「旬・季節感」をベースに「地の酒」と「地域の食文化」との関係を取り戻し、日本酒をこれからの時代の流れ(「地産地消」「スローフード」「ロハス」等の流れ)に乗せ、国酒としての誇りと文化と売り上げを取り戻す運動Dscn0118として始めましたが、なかなか旬のネタを探すのは容易でないことで今回、植沢さまにご相談しこの会をセッティングしていただきました。のどぐろをメインに旬の食材を串銀の店主さまが腕を振るった料理で出てきますので天寿の酒と一緒に味わっていただきたいと存じます。』

Dscn0131Dscn0132  杜氏が乾杯のお酒について説明いたします。

このお酒は、新酒品評会に出品したのを小瓶に分けて今回持参いたしました。

出品するお酒は、袋吊りして雫を集めて斗ビンに取り分けますが、このとき取り分けた最初の斗ビンと中間の斗ビンと後の斗ビンとでは味が微妙に違います。

それを利き、どれがいいかと品定めをして出品します。そのときと同じものを持ってきました。みなさんもじっくりと利き酒をしながら乾杯の一杯をいただいてくだされば造り手としては大変うれしいことです。

Dscn0129 そんな、お話を聞いての乾杯です。

乾杯のご発声は、初回からほとんど参加しております。佐藤様からいただきました。

『かんぱ~い』の後の一口は『旨いsign03』と口々に、うなっておりました happy01

3年間で開催されたのは、今回で8回目ということでみなさん顔なじみになり、最初から和気藹々としております。

おいしいお酒とおいしいお料理を味わいたいという方たちの集まりなので、ワクワクした心持が伝わってきます。

Dscn0135  前菜三点盛:里芋、木の芽味噌田楽・イカの塩辛・椎茸肉詰め焼き=もう里芋の季節なんだね~とねっとりと粘り気のある芋に味噌が混ざるとついひやおろしに手が伸びます。

Dscn0136刺身:シメサバ・ヒラメ・中とろ=シメサバは自家製とあって、市販にはない甘味を極力押さえ酢の良さをサバに封じ込めた一品でした。

Dscn0171Dscn0146*

*

*

* 

Dscn0149

ハタハタのから揚げ・黄金揚げ=ハタハタをこんなにカリッと揚げれるのは職人技です。ホクホクした身もおいしいのですが、頭もまるごと食べれるので、ハタハタのから揚げって旨いとインプットされます。また、稲の穂をから揚げにしたのは飾りと思いきや、穂だけをつまんで食べるのだということ『ほぅ~揚げたてのお米は子どもの頃に食べた米菓子のよう』といいつつ片手には本醸造のお燗酒です bottle

Dscn0156甘鯛梅肉炊き・しめじ・紅葉人参・菊・オクラ・銀杏九十・水晶茄子=鯛のふわふわの身が出汁を含み噛むと鯛特有の香ばしいうまみが口を包みます。付け合せの野菜も本来の味を持ちつつ出汁と相性良く仕上がってました。その出汁をいただくと鯛と昆布だしが塩味で上品に整えられていて最後の一滴までいただいてしまいました。このお料理には純米大吟醸が合い、ちびりちびりいただくと鯛の旨みが増しまた一杯と止まらなくなります。

Dscn0148Dscn0147 *

*

*

*

Dscn0142  ←国産牛陶板焼 自家製タレ=程よい脂身があり、柔らかく自家製タレとの相性バッチリ、純米酒のお燗と合いこれからの季節にぴったりの料理&お酒です。

Dscn0158→いくらおろし・酢橘=小粒で柔らかくぷちっと口の中で弾けた後は、濃厚ないくらの味が酢橘とおろしと相まって濃くと旨みとさっぱり感とが押し寄せる一品です。なんといっても秋の味には純米吟醸:ひやおろしですよ。まったりとしたフルーツの熟れたような旨みが秋の旬を包み込むようです。

Dscn0163 中締めの佐藤さんは、熱く熱く日本酒を愛していてこれからどうやって日本酒のおいしさを広めていこうかとプランニング中とのことでした。若い人たちへ和らぎ水の取り方を提案しながら日本酒を知っていただきたいとの思いを語っていただきました。

ありがとうございます。国酒である日本酒のため共に頑張りましょうねsign03

*

*

社長とお客様との酒談義は尽きることなく、また、杜氏もそれに負けないくらい語っておりました。 (◎´∀`)ノ  (*゚▽゚)ノ

Dscn0174Dscn0170  *

*

*

*

本日のお料理を引き立てたお酒たちです。

純米吟醸ひやおろし ↓純米大吟醸天寿

Dscn0134Dscn0141_2

*

*

*

*

*

*

本醸造あきたこまち  ↓純米酒天寿

Dscn0153Dscn0151 *

*

*

*

*

*

*

Dscn0185 最後に串吟大将のとびっきりの笑顔と

お勧め酒 プライベートブランドの

吟味良香 鳥海山

 『これ、旨っしなぁ~~』

本日は、おいしいお料理ありがとうございました。

 おいしいものをいただくと幸せを感じることが

できるものだと、改めて思いました。

人を幸せにする料理人ってすごいですね。

| | コメント (6)

第五回 旬どき 報告!

去る 9月 23日 秋分の日。。。

第五回 旬どきうまいもの自慢会 秋田 が、料亭『一よし』さんで開催されました。

Dscn7377 Dscn7381 ちょっと早く着いた私は、お庭や池の鯉なんかを

眺めて、しばし、ぼんやりムード

この縁側に腰掛けて、鯉に餌をやったりしたら幸せだろうな~なんて考えてました。

今回は、落ち鮎やハタハタの白子なんかを狙っての開催だったようですが、

メニューを見てみたら、あらあら狙った獲物がとれなかったらしいと気づきました。

お品書き・・・・青豆、まこ鰈からあげ、お造り(平目、ぼたん海老)、ばいつぶやわらか煮、車海老塩焼き、なす味噌田楽、時期不知鱈みそ漬け、出汁巻き玉子、鱈あら味噌汁。

ひゃっほ~~\(^▽^@)ノ  私の好物ばっかり、お品書きを見ただけでお腹がグ~~です。

Dscn7376_2  本日のプレミアムなお酒です。

イ・ロ・ハ・ニ の記号の名札をつけてますが、出品酒なのです。

この4本のいずれかを出品しますが、今回参加のみなさんにも利き酒をしていただきます。(これだから旬どきの会ははずせないですぅ~♪)

Dscn7388 今回の司会進行役の杜氏です。

いつも、にこやかな、いい笑顔 思わずこちらもにっこり (*^▽^*)

出品候補のお酒を利き酒していただき人気を伺いますが、ここで人気が高いからといって、出品するわけではございません。

と、やんわりと自己主張 ('ー ' *)

*

Dscn7389 始まりは、社長のご挨拶です。

旬の食材を初めから指定していただくというのは、とても困難きわまり今回もブログ上では、落ち鮎とハタハタの白子と予定しておりましたが、今年は叶わず残念ですが、一よしのご主人さんの御目にかなった地魚でのお料理が並びますので、確実にご満足いただけると確信しております。

*

*

Dscn7390 今回の乾杯は、茨城からおいでくださいました川口さまです。

お・い・し・い・

のためにはどこへでも⇒~~(^Q^)/

と、食いしん坊ぶりを発揮しておりましたが、こういうファンの方もいらっしゃることに感謝しながら、みんさんで

乾 杯 !

*

Dscn7391 乾杯のお酒は、ひやおろしです。

待ってました♪

秋になると楽しみにしている一本なので、うれしかった☆

おちょこに注いでいただき、乾杯の一口は、幸せ感いっぱいでした!

ふんわりと柔らかくなった味が口中に広がり、喉越し爽やかに通り過ぎていきます。今年もすごく、すごく暑かった夏に、あの涼しい蔵ですやすやと眠り健やかに育ってくれたなぁ~という感想です。

Dscn7402 Dscn7401

本日のメインディッシュの[まこ鰈からあげ]

薄味のポン酢でいただくのですが、皮のパリパリ感と身のふんわり感が口の中でモグモグ、香ばしさと旨みがとポン酢と混ざり合う味は、日本海の旨みとでも言ったらいいでしょうか・・・゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆

サブ・ディッシュの[車海老塩焼き、なす味噌田楽]は、プロの方が海老を焼くと、どーして海老のカラがこんなに柔らかく焼けるのか!?そして、中の身は蒸されたようにふんわりとむっちりとして海老のうまさが塩で引き立てられ、うまーーーーーい。(^u^)

付け合わせのナスも甘辛くふんわりと仕上げてあって、秋野菜の代表の味だね。

どれも、これもおいしくいただきました。

今回、初参加の『秋田 花まる 三浦水産』の三浦さんと今後のネット社会について語り合えて、なんだかワクワクの時間でした。異業種の方とこうしてお知り合いになれるのもこの会のいいところではないでしょうか?

いつも、同じメンバーで飲むのも楽しいのですが、マンネリした方は是非、次回ご参加いただきお友達の輪を広げてみてください。人生楽しくなりますよ  (*^▽^*)

| | コメント (2)

旬どき自慢会 報告☆

6月22日に 第4回 旬どき自慢会 秋田 が、由利本荘市の料亭『一よし』さんで開催されましたので、その会の報告です (^^)

Dscn5920  今回の主役は、岩ガキと由利牛です。

岩ガキは、にかほ市象潟の小砂川の湾から採れたものです。小砂川には、鳥海山の山肌から染み込んだ雨水や雪解け水が伏流水となって海底に湧き出しているので、この時期から8月まで旬となります。俗に言うRが付かない月は食べられないといった常識は成り立たないのです。

ご覧の通り、レモンが片方にしか乗ってなかったので、片方はレモンを絞ってこのまま生でいただきました。磯のかおりと海のミルクといわれるほどの濃厚な味が、脳天を刺激☆ そして、食感!!ぷるんとしたこの感じは、岩ガキの他に何があるでしょうか?ん~~、うまい。と、満足した舌へ、今回のお酒の小仕込 AB アベリア酵母酒をちびり。さっきの濃厚なカキの味が爽やかに変身です。そのほかに、ND なでしこ酵母とMR マリーゴールド酵母の3種類の花酵母製品があったのですが、どれも生カキには相性がいいですよ。

なぜ、このお酒をチョイスしたのか、天寿酒造さんの気持ちが理解できた瞬間です。

そして、チャレンジ☆

Dscn5924 由利牛の味噌焼きのとなりへ、もうひとつの岩ガキを乗せて焼いていただきました。

おぉ~~、(☆゜o゜) 新発見の瞬間です。焼くとむっちりとした重みが増す岩ガキが、味噌の香ばしさと絡まって旨いのなんのって。。。。

このとき、雪室氷点熟成純米生酒をちびり、、、、とろりとしたお酒と、重厚な味の岩ガキが口の中で溶けて行くような錯覚を覚えました♪♪♪

Dscn5917そして、もうひとつのメインの由利牛です。

扑葉の上に一よしさん特製の味噌で絡めて乗せてあります。

火が通ったら、裏返してあまり焼きすぎないように!との、注意だったのでじ~~っと、目を離さずに焼きました。(≧∇≦)/ ハハハ

Dscn5921 その甲斐あって、柔らかいうちにいただくことができました。

プロは、由利牛をどうやって調理するのかと、期待満々でしたが、味噌とは思いもよりませんでした。まして、この味噌は砂糖・酒・などを混ぜ込んでとろ火で1時間ほど練り上げるのだそうです。だから、テカリがある味噌だったのですね。その味噌を絡めて焼くと、由利牛のさっぱりした味を引き出し旨みが増し、なるほど!と、関心いたしました。この味噌、旨すぎです。葉の端の方に固まっていたのを、ちょいとつまんで、純米生酒なんかといただいたら・・・・その昔、酒好きの偉人が味噌を肴に呑んだという気持ちが、納得できました。

Dscn5916 メインから紹介してしまいましたが、お通しのじゅんさいです。

秋田が全国一の生産量を誇る、旧山本町からの御取り寄せ食材です。まさに旬どきのこの食材は、生を仕入れ、一よしのご主人さんが湯がいてこの色を出しました。素人にはまねできない鮮やかな緑ですね!

Dscn5904 今回、乾杯のお酒は、全国新酒鑑評会入賞酒です。

めったに御目にかかれないお酒ですので、乾杯の後はじっくり味わい舌の上でころがしてみました。

なんという、なめらかなお酒なんでしょう☆ 香りも上品で、決して鼻を直撃することなく、口に含んでもまろやかな非のない一品です。

 Dscn5936じゅんさいのほかに、鯛の潮汁とも合うお酒でした。

鯛の潮汁は、山椒で味が、〆てあって、上品さのある出汁がでてました。身もふわふわで出汁をからませて食べたりして、楽しみました。

私が魚を煮るときは、いつも生姜を使うのですが山椒もいいものだなぁ~と、勉強になりました。

Dscn5913 ヒラメのお造りです。

淡白な味なので、ピリッと辛口の辛口鳥海山生貯蔵酒が良く合います。

*

Dscn5915 イカの沖漬けです。イカの甘味とお醤油の香ばしさのバランスがよく、本醸造生酒なんかと相性がよかったです。

*

Dscn5914ばい貝のやわらか蒸です。

その名の通り、柔らかい♪ 磯の香りと貝にしみた出汁かげんが、いいあんばいのコラボレーションです。このお料理には、ほんのりと甘味のある、雪の詩生酒雪ごよみ生酒が合います。

Dscn5906 今回は、特別にワンちゃんも参加です。

お客様の中に目にハンディのある方がいらっしゃいまして、その方のお供でした。

じっくりと、盲導犬を見るのは初めてでしたが、賢い犬って目が違うという印象です。人間の目に似ていると思いませんか?じ~~と、見つめられると、私の性格まで見抜かれてしまいそうで、冷や汗ものです。でも、かわいいなぁ~♪

Dscn5910 Dscn5930 Dscn5927

*

*

*

見知らぬ者同士、天寿というお酒の縁あって、こうやって酒を酌み交わすことができることに感謝です。

(乾杯ご発声の植沢さま談です)q(^^)p

楽しいひと時は、あっという間に過ぎます。

次回もお会いできますことをお祈りしております。ご参加の皆様お世話様でした。

にほんブログ村 酒ブログへ ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです.

| | コメント (4)

第三回 旬どき自慢会 IN 秋田

Dscn4826 3月 21日 (春分の日) 旬どき自慢会が由利本荘市の料亭 『一よし』さんで開催されました。20名の参加ということでしたが、インフルエンザにかかった人がいたりして、2~3人の欠席者がおりましたが、出席者同士、膝を交えじっくり酒談義に花を咲かせる時間を過ごせました。

一よしさんは、天保年間(1830~1843)の創業で、本荘で一番古い料亭となります。

古い物が好きな私としては、わくわくしながら料亭内を探索!!

Dscn4830 Dscn4833

Dscn4835 *

*

*

*

*

このように年代を感じる格子戸や屏風、大きな古時計などが飾られており、風格を感じる料亭でした。

Dscn4841 探索がひと段落したころに宴の始まり。社長のご挨拶です。

『今回は、運良く予定していた魚が獲れて、みなさんに召し上がっていただけることを嬉しく思います。特に心配していたのが、母カレイ(ナメタカレイ)ですが、旬の終わり頃で心配しておりましたが、子持ちが準備できたとのことで、ほっとしております。また、板前兼オーナーの小林さんに、旬の終わりの頃を何ていいますか?と尋ねたところ、終わり初物っていいますね~。そういえば、昔良く聞いた言葉だったと懐かしく思い出しました』と、和やかな雰囲気でスタートです。

今回は、金浦漁港(近所の港)で獲れる春の魚ということで、地魚のオンパレード☆

Dscn4844 Dscn4850

私の独断で、お料理に合うと思ったのをマッチングして紹介させていただきます。

平目昆布〆天寿壱花蔵(しぼりたて生酒)

淡白な味の平目に昆布の香りがふんわりと広がるところへ壱花蔵をちびり、フルーティな香りがお刺身とマッチです(#^o^#) 

*

Dscn4847 Dscn4840

サクラマスの照り焼きと大吟醸鳥海しぼりたてにごり生酒(このお酒は、3/23発売なのですが、この会で特別先行試飲となりました。ラッキー☆)

サクラマスのふわふわした身がほんのり春の香りがして口の中がほろほろしてます。そこへ本日の目玉商品の大吟醸鳥海しぼりたてにごり生酒をちびりといただくと、始めはまったりしたにごり独特の風合いがあるのですが、最後にキリッと締まる感じで、サクラマスといい相性でした。地魚と地酒の相性の良さが良く出てました。

*

Dscn4849 Dscn4846

母カレイ(ナメタカレイ)の煮付けには、無濾過生原酒の純米吟醸鳥海山です。

母カレイは煮付けの王様といわれる程なのですが、脂ののった皮としまった身と卵がお醤油を含んで、一層おいしさを増してます。そこへ、無濾過生原酒の純米吟醸鳥海山をちびりといただくと、幅のあるお酒の味がカレイの旨みをひきたたせますが、脇役にもならず、そこに確かに存在すると言ったぐあいに、いいデュエットでした。

*

Dscn4843 Dscn4842 Dscn4864

*

*

*

左から順にいか沖漬け飯たこいか沖漬けのわた(裏メニューです)

いか、たこ類は日本酒と本当にいい相性ですが、お燗したあきたこまちと良く合いました。

Dscn4860 Dscn4859

Dscn4861 *

*

*

*

お燗セットも充実しており、45℃燗とか、ぬる燗とかで出してくださって、温度差でお酒の味が微妙に変ることが本当によくわかり、味わい深いものでした。

Dscn4854 Dscn4855

つぶそばとデザートのいちごが出て、すべてのお料理が出揃ったところで、オーナーの小林様の登場です。

*

Dscn4853 小林様から『美酒天寿と合うお料理ということでしたが、切れがよく芳醇なお酒ですので、お料理を合わせやすく地魚にはよくマッチするお酒だと思います。春の魚とのことで、サクラマスや母カレイの煮付けはいかがでございましょうか?器は魚を引き立てるために黒っぽいのが並んでしまいましたので、つぶそばの器を春らしい彩にしてみました。今回の器はすべて有田焼きで、つぶそばの器は1点1点の手書きのものです。ごゆっくりご賞味くださいますようお願いいたします。』と、丁重なおもてなしのお言葉をいただきました。

Dscn4856 Dscn4858

Dscn4863 *

*

*

*

宴たけなわの様子です。若いお兄さんたちに聞いてみました。

今日のお酒のどれがお気に入りですか?『大吟醸鳥海しぼりたてにごり生酒、旨いッス』との回答でした。

Dscn4865 Dscn4866

社長さんや杜氏さんとお話できる機会は滅多にないので、あっちこっちで、引っ張りだこ。時間がいくらあっても足りないという勢いで、みなさんと熱いお話をされております。

そうそう、私も杜氏さんから聞いたお話を・・・

今日のお酒で一番好きだったのが、無濾過生原酒の純米吟醸鳥海山でした。このお酒について杜氏さんが、『今、杯に注ぐと、たちたちと一滴ずつに別れますが、これを冷蔵保存し秋くらいになると、とろりとしてきて杯に注ぐとき糸のように注がれるのですよ』と、いいこと聞いちゃったなぁ~きっと、味も旨みを増しているのだろうな (^_-)-☆

楽しみが、またひとつ増えました♪~(^^~) (~^^)~♪♪

買ったらすぐのんじゃわないで、冷蔵庫で秋まで保存してみよう!と、思ったしだいです。

天寿のみなさん。楽しい宴をありがとうございました。今回参加できなかった方達、またお誘いしますので、今度は夏至(6/22)です。空けといてくださいね~~♪

にほんブログ村 酒ブログへ ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。現在20番代~10番代をいったりきたりです。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです。

続きを読む "第三回 旬どき自慢会 IN 秋田"

| | コメント (4)

旬どき自慢会秋田 IN ねぶと屋

12月 22日は、旬どき自慢会秋田 (天寿酒造さん企画) が秋田市の『ねぶと屋』さんでありました。

Dscn3753 駅より、徒歩2分という便利な場所に位置しており、電車に揺られながらまた行きたいというところでした。看板に注目です。『え!ここ天寿っていうお店!?』と思うほどの天寿の文字の大きな看板です。ねぶと屋社長さんは、大の天寿ファンで、熱中ぶりが伝わってきますよね。(感動~~)

Dscn3759 Dscn3761

Dscn3756 +

+

+

+

お店の中のレイアウトも、この通りの惚れ込み様です。

それと、釣り好きで腕もなかなかとのことで、釣り専門雑誌へ提供した写真も飾られております。天寿ひやおろしのポスターもこのお店のオリジナルみたいですね☆

Dscn3767 Dscn3772

左写真が、天寿社長のご挨拶風景です。

今回は、秋田の冬の旬の魚といえば、鱈!とのことで、ねぶと屋さんのご協力によりおいしい地魚と、地酒を堪能していただき、日本の食文化を大いに楽しんでいただきたいとのご挨拶でした。

右写真が、ねぶとや社長さんご挨拶風景です。自慢の魚をおいしい時期に食べていただきたいという思いを皆様に伝えたい。また、大の釣り好きで、秋田の魚の知識は誰にも負けないくらい持ち合わせているとのことで、その道に精通している人って、熱いな~~と、感動したしだいです。

Dscn3774 本日乾杯のお酒『おおっにごり 鳥海山』です。

PB(プライベートブランド)なので、他では売ってません。

見るからにおいしそうな、白濁した色ですね~

トクトクと、グラスに注いでいただき

Dscn3775 かんぱぁ~~い♪

みなさんが、飲みこんだ後の『おぅ~~、いいなー、いい酒だ~』の感嘆の声があちらこちらから沸きあがってきます。

甘酒のようなとろみがあり、生のお酒の香りたっぷりといった感じのお酒で、すこ~~しピリッと発酵しているのかな!?と思うような酸味がありあとから、旨みがぐぐっと押し寄せます。ふぅ~~、もう一杯。。。てな事に

杜氏さん曰く、『これだけ白濁していると、栓を開けたときに噴いてきてしまうのですが、そうならないように工夫しました』との事。。。ん~~、なるほど、お客様ご要望のPBにお答えするには、知恵と工夫があって出来上がってくるのですね♪

Dscn3758 Dscn3776

Dscn3778 Dscn3779

Dscn3784 +

+

+

新鮮な海の幸で造った、お料理の勢ぞろいです。

Dscn3764 お通しのわさび漬けは、ピリッとしておいしかったし、煮こごりの酢の物はさぱりしていて、ほのかにりんごの香りがするような、初しぼりにごり本醸造生酒といただくと上品な味が増しました。

+

+

Dscn3777 杜氏さんが持ってるのが、『鳥海山 燗上がり』(PB)

お酒は、お燗すると杯を口元に運んだ時に、ツンと鼻に来ることがありますが、それをほとんど無くしたのが、このお酒です。このお酒は、西京焼と相性がよく、締まった鱈の身がホクホクと口の中でほぐれる時に味噌の風味が口の中に広がり、燗上がりといただくと秋田の冬の味になりますよ。

ちなみに冷でいただくと、なんだか物足りない感じでした。やっぱり、お燗専用酒ですね。

Dscn3780 初しぼり純米吟醸生酒は、メインの鱈のなべと一緒にいただきました。

まったりとした鱈の白子はいつまでも口の中にとどまり魚の甘味、旨み、エキスなど凝縮された味です。

そこへ、酸味が旨みに変る純米吟醸生酒をいただくと、白子の味とさわやかな酸味が合体して、さっと白子が消えゆきます。で、またちびりと。。。

何も食べないでいただくと、後味がカラメル系の味がしてものすごく大好きな味です。今回の初しぼり3本では、一番のお気に入りになりました。

おいしくいただき、もうお腹いっぱいになった頃おひらきの時間となり、旬どきうまいもの自慢会2度目出席のTさんがご挨拶 『旬どき自慢会は、全国の優れた蔵元が参加されこうやって、実行されております。日本の旬を旨い酒と肴でいただく会を開いていただき、日本酒好きにはたまらない会です。これからも益々盛況になることを祈願しております』とのことでした。

四季折々のお酒と肴を楽しむことができる日本人って、粋だとは思いませんか。

師走の気持ちが忙しい中、四季を感じながら食を楽しむことができたことありがたく思います。次回の旬どきも楽しみにしております。  ヾ(☆▽☆)  (^ Q ^)/゛

に

ほんブログ村 酒ブログへ ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。現在20番代~30番代をいったりきたりです。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです

| | コメント (10)