お歳暮はお決まりですか

今年も残すところ、あと16日となりました。

お世話になったあの方へ・・・何を贈ろうかお悩みでしたら、ぜひとも天寿のお酒をご用命くださいませ。

飲み比べて楽しいひと時を過ごしていただくためのご贈答の決定版がこちら3セットです。

酒ごころFセット  5,000円(税別)

純米大吟醸「鳥海山」 720ml

 

大吟醸「天寿」 720ml

 

本醸造「あきたこまち」 720ml

201310f


酒ごころCセット  3,000円(税別)

純米酒ベゴニア 720ml

 

清澄辛口本醸造「鳥海山」 720ml

 

本醸造「あきたこまち」 720ml

Photo



鳥海山 Kセット  2,800円(税別)

純米大吟醸「鳥海山」 720ml

 

清澄辛口本醸造「鳥海山」 720ml

2013k

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

鳥海山は、ご覧のようにすでに全体が白く雪に覆われました。

Img_6012

今頃は雪かきに追われて、疲れが溜まる頃なのですが今年は元気いっぱいで大掃除ができそうです(*^ ^*)ノ彡

家じゅうピカピカに磨いて来る年を迎えたいと、意気込みだけは元気なのでした。

皆様におかれましても年末の慌ただしさに追われ、お正月に体調を崩すことのないよう

晩酌は、天寿のお酒でほっこりと和んでいただき1日の疲れを翌日に持ち越さないようお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

お歳暮選びの、お手伝いをさせてください。

お歳暮選びに悩んでおりませんか?

贈るお相手が日本酒好きもしくは、ワイン好きなのであれば、天寿のお酒を自信を持っておススメいたします。

日本酒好きは分かるが、なぜにワイン!?

実は、世界的なコンテストのインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)というコンテストがあります。

コンセプトを引用させていただくと・・・

【インターナショナル・ワイン・チャレンジは、ロンドンで大会が開催され世界的にも最大規模、最高権威の評価を受けている大変に影響力のあるコンペティションです。特にこの大会のメダルを受賞することは大変栄誉なこととして、広く関係者に知られております】

日本人のみならず、ワインを愛してやまない世界中の方々を対象にしたコンテストで、認められた日本酒が天寿酒造の商品です。

ですので、ワイン好きの方にも是非とも、こちらのお酒を贈ってみてください。

日本に生まれて、日本酒の良さを知らずして、ワイン一辺倒というのは実にもったいない事だと思います。

Let's try sake. (v^ー゜)

受賞したお酒は、こちらです。

インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銀賞受賞(2013年)

大吟醸「鳥海」

1800ml 10500円

720ml 5250円

正統・秋田流ともいえる低温長期仕込みによって醸された大吟醸。丁寧な自社精米・壜火入れ・冷蔵壜貯蔵など最善の品質管理を施し、華やかな香りと豊麗な味わいの大吟醸「鳥海」が誕生しました。蔵人の確かな技と限りない情熱が育て上げた「天寿」ならではの逸品です。IWC以外のコンテストでも、2010年ISC(インターナショナル・サケ・チャレンジ)と全米日本酒歓評会にてGOLD MEDALを獲得いたしました!!

L36

////////////////////////////////

インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞(2013年)

純米大吟醸「天寿」

1800ml 7350円

720ml  3675円

Photo 

////////////////////////////////

インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銀賞受賞(2013年)

大吟醸「天寿」

1800ml 5103円

720ml 2552円

原料米「美山錦」の栽培から酒造りまで、すべて蔵人の手により育まれたものです。秋田の風土と共に生きる「天寿」の粋を極めた大吟醸。豊かな味わいの中に宿るほのかな含み香が魅力です。

L39_2

////////////////////////////////

インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銀賞受賞(2012年)

純米大吟醸「鳥海山」

1800ml 3300円

720ml 1680円

天寿酒米研究会が、丹精込めて育て上げた美山錦の特上米を100%使用し、杜氏と蔵人が、その米との対話と伝統の技とで醸し上げた逸品です。華やかな香りと穏やかな口あたり。
2013年ISC金賞受賞、2012年“ワイングラスでおいしい”日本酒アワード:最高金賞、2012年度IWC銀賞、IWSC(インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション)金賞受賞など、多数受賞しております。

2012720ml_2

| | コメント (0)